Category Archives: 宗教書

宗教問題2 「西山浄土宗管長に浮上した『仰天疑惑』」他

本誌特別取材班 西山浄土宗管長に浮上した「仰天疑惑」 1 犀角独歩 わたしが見た「日蓮の風景」 第2回 創価学会は一つではない 小川寛大 敗訴・16億賠償命令も危機感希薄な曹洞宗??多々良判決審全内幕 金子昭・富岡幸一郎 往復書簡 1 3・11後の未来史への問い??社会・宗教・思想 長田恒昌 救国論・第1章 第1回 崩壊型社会は増税を好む 高橋繁行 マンガ 明恵 夢記 編集部 新宗連が現代社会と信教の自由をテーマに公開講座 編集後記 ■Amazonでも購入いただけます■ この商品をAmazonでご購入の場合はこちらから・・Amazonへ

宗教問題1 「新体制で『企業化』する浄土真宗本願寺派」他

本願寺派憂宗ネットワーク 新体制で「企業化」する浄土真宗本願寺派 小川寛大 本願寺のヒットラー「最初の宗議会」の自殺 連載・犀角独歩 わたしが見た「日蓮の風景」 第1回 創価学会「脱会者」という視点から 渡辺順一 宗教者は差別の暴力とどう向き合うのか ──民衆宗教における代受苦的救済の可能性── 小川 寛大 曹洞宗僧侶の「植民地支配謝罪の石碑」で生じた日韓仏教交流の亀裂 金子 昭 無縁社会を生きる人々へのケア ──日台の草の根の交流を目指して   豊嶋泰國 仏教者の社会貢献とは何か ──シンポジウム「仏教者の社会貢献を考える集い」傍聴記 連載・西方四十八願所巡拝記 第1回 縁起 ■Amazonでも購入いただけます■ この商品をAmazonでご購入の場合はこちらから・・Amazonへ

アジアスケッチ 目撃される文明・宗教・民族

アジアスケッチ 目撃される文明・宗教・民族 高山義浩 著 21世紀、日本はアジア化する 旅という方法論を駆使して描かれる世紀末アジア。 放浪する思想の果てに予感された未来とは──。 MSNジャーナルにリアルタイム旅行記として連載され、圧倒的反響を呼んだ新世代ルポルタージュの衝撃!! A5判 販売価格 \1575円(本体1500円+税) ■Amazonでも購入いただけます■ この商品をAmazonでご購入の場合はこちらから・・Amazonへ

天理人間学総説

天理人間学総説 金子昭 著 天理教の人間観が導く、21世紀の新たな宗教的人間とは?。新進の学究が提示する注目の人間論。 ※申し訳ございませんがこちらの商品は品切れ中です。

天理教社会福祉の理論と展開

天理教社会福祉の理論と展開 金子昭ほか 著 天理教の100年にわたる社会福祉の実践を はじめて学問的に考察した画期的な本。 宗教教団の社会福祉実践のひとつの形を作り上げた天理教教団において、本書の誕生は遅すぎた観すらあるが、その社会的な意義は注目に値する。 研究者、宗教関係者は必読の本。 A5判 販売価格 \2940円(本体2800円+税) ■Amazonでも購入いただけます■ この商品をAmazonでご購入の場合はこちらから・・Amazonへ

宗教原理主義を超えて

宗教原理主義を超えて 富岡幸一郎・金子昭 著 キリスト教徒と天理教徒。異色の組み合わせの宗教間対話。 『使徒的人間』で注目を集めた気鋭の文芸評論家であり、キリスト教徒でもある富岡幸一郎と、『天理人間学総説』で、新たな天理教の可能性を展開した金子昭。異色の二人が世紀末から新世紀にかけて語り合った。オウム、テロリズムなど多岐にわたる対話は、やがて宗教の原理主義を超える道を探るものとなった。 四六判 販売価格 \2100円(本体2000円+税) ■Amazonでも購入いただけます■ この商品をAmazonでご購入の場合はこちらから・・Amazonへ

宗教に未来はあるか 世紀末の宗教講座

宗教に未来はあるか 世紀末の宗教講座 梅原正紀 著 世紀末の宗教講座。 四六判 販売価格 \1530円(1457円+税) ■Amazonでも購入いただけます■ この商品をAmazonでご購入の場合はこちらから・・Amazonへ

宗教と人間の未来 シンポジウム「21世紀の宗教を考える」記録集

宗教と人間の未来「21世紀の宗教を考える」記録集 石井研二・養老孟司・井沢元彦・金子昭・秋田光彦・川島通資・西山茂・横山真佳 著 日本の新たな宗教シーンがはじまる。新宗連とコルモスが共催した画期的なシンポジウムの全貌。 新宗連とコルモス(現代における宗教の役割研究会)が共催した画期的なシンポジウムの全貌の記録集。録集 A5判 販売価格\2000円(1905円+税) ■Amazonでも購入いただけます■ この商品をAmazonでご購入の場合はこちらから・・Amazonへ

信じるものはなぜ救われないのかPart2

信じるものはなぜ救われないのかPart2 日野英宣 著 だからあなたも騙される!?まちがいだらけの“宗教選び”していませんか 『信じるものはなぜ救われないのか』を読んだ多くの方々の「早く続編が読みたい」との声に応えて、ついにパート2が完成。工学博士にして僧侶でもある著者の、鋭い視点が随所に冴えわたる、現代人のための宗教ガイドブック。 B6判 販売価格 \1575円(本体1500円+税) ■Amazonでも購入いただけます■ この商品をAmazonでご購入の場合はこちらから・・Amazonへ

信じるものはなぜ救われないのか

信じるものはなぜ救われないのか 日野英宣 著 工学博士にして僧侶というユニークな肩書きの著者が説く、親鸞的思考法のすすめ。 目からウロコの思いです、と好評。 ※申し訳ございませんがこちらの商品は品切れ中です。