西山流念仏聖列伝

西山流念仏聖列伝

鷲津清静 著

知られざる念仏者を紹介した好著
浄土宗西山流の念仏者には、際だった特徴がある。流祖西山上人をはじめ、流れを汲む人々が多く「座亡往生」(座ったまま、念仏しながら死を迎える)を遂げているのである。これは他宗には例のない、西山流ならではの念仏者の姿として注目されるものである。
しかしながら、これまでその人々はほとんど知られずに来た。他宗に比較して西山流の宗派が小さいことや、積極的に知らせようとしなかったことなどが、その理由と考えられる。
本書は、そんな西山流の念仏者十八人を正面から取り上げて紹介した労作である。
西山流念仏聖のさわやかな生き方にふれる、好著と言っていいだろう。

A5判 販売価格 \1365円(本体1300円+税)