Category Archives: 書籍

放射能が降る都市(まち)で叛逆(はんぎゃく)もせず眠り続けるのか

放射能が降る都市(まち)で叛逆(はんぎゃく)もせず眠り続けるのか 抵抗の哲学と覚醒のアート×100 響堂雪乃(文) 281_Anti Nuke(画) 四六判 定価(本体1700円+税) 原発事故は終わっていない。それは今なお進行する現実であり、身近に迫るカタストロフなのだ。なぜ国家は何もしないのか、なぜ報道は何も伝えないのか、なぜ国民は何も考えないのか、社会はどう変わるのか、経済はどう動くのか、そして我々はどうなるのか……… 答えは本書にある。   ■Amazonでも購入いただけます■ この商品をAmazonでご購入の場合はこちらから・・Amazonへ

なぜ、「原発で若狭の振興」は失敗したのか

なぜ、「原発で若狭の振興」は失敗したのか 山崎隆敏 A5判 定価(本体850円+税) 原発問題の第一人者が独自の調査データを元に、原発のない未来の為に何が必要かを具体的に明らかにした必読書。 目次 1 原発廃止後の未来を対話しよう! 2 原発で地域は振興できたのか? 3 原発と自治体財政 4 原発のゴミ問題の議論を始めよう 5 私たちは、どんな社会 どんな国をめざすのか ■Amazonでも購入いただけます■ この商品をAmazonでご購入の場合はこちらから・・Amazonへ

ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ

ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ 響堂雪乃 新論壇のカリスマ書き下ろし最新作! 目次 第1章 「政治」が無いことを知ろう 第2章 地球から「国」が消える仕組み 第3章 新聞テレビは知能を破壊する 第4章 学校で人間は機械になる 第5章 これからニホンで起きること 第6章 なぜ大人は何も考えないのか 第7章 これから君たちが考えなくてはならないこと 四六判 定価(本体1500円+税)   ■Amazonでも購入いただけます■ この商品をAmazonでご購入の場合はこちらから・・Amazonへ

ええかんじ ええにっぽん 七

ええかんじ ええにっぽん 七 ええかんじ ええにっぽん 七 森 専雅 北嶺大行満大阿闍梨 藤波源信師推薦! 次世代に守り伝えたい 日本と日本人の心を 物語を通して説いた必読書 四六判 定価(本体1000円+税) ■Amazonでも購入いただけます■ この商品をAmazonでご購入の場合はこちらから・・Amazonへ

法隆寺を科学する 法隆寺和銅移建論

法隆寺を科学する 法隆寺和銅移建論 法隆寺を科学する 法隆寺和銅移建論 天野正樹 A5判 定価(本体1700円+税) 法隆寺は「再建」ではなく、「移建」だった! かつて、名人と呼ばれた西岡常一棟梁らと共に法隆寺の解体発掘調査を行った著者が、その体験を基に画期的な法隆寺論を展開した本書は、「法隆寺再建論争」を一変させることになるだろう。 ネット言論界のカリスマ 飯山一郎氏絶賛 本書を一読、二読、三読…、読めば読むほどに、日本史最大の謎、「法隆寺の謎」が解け、日本の古代史の「謎」までが解けてきて、目の前が明るくなる!  まさしく本書は、本来の意味での『啓蒙』と『啓発』の書である。 ■Amazonでも購入いただけます■ この商品をAmazonでご購入の場合はこちらから・・Amazonへ

人が助かることさえできれば

人が助かることさえできれば ——「戦争」と「テロ」の時代を見据えて 小澤 浩 A5判 定価(本体1800円+税) ◎宗教の力を伝える本物の好著 民衆宗教史研究の第一人者の一人として知られる著者が、『借金をしてでも書き残したい」と畢生の思いを込めて描き出した金光教の信仰者群像。 宗教の低迷が叫ばれる今こそ、近代日本の基礎を支えた信仰者の真実に触れ、ピュアな魂を感じることで、読者は新たな力を得るだろう。 本書は、宗教の力を正しく、まっすぐに伝えてくれる本物の好著である。   ■Amazonでも購入いただけます■ この商品をAmazonでご購入の場合はこちらから・・Amazonへ

ええかんじ ええにっぽん 六

ええかんじ ええにっぽん 六 ええかんじ ええにっぽん 六 森 専雅 ノーベル文学賞作家・川端康成の菩提寺の前住職の珠玉エッセイ集第6弾。 忘れられた日本人の心を、簡潔にして鋭く、時にユーモラスに説く。現代人に古き良き日本を知らせると共に、向かうべき方向を示す。 序文:山仲善彰(滋賀県野洲市長) 四六判 定価(本体1000円+税) ■Amazonでも購入いただけます■ この商品をAmazonでご購入の場合はこちらから・・Amazonへ

終末社会学用語辞典

終末社会学用語辞典 終末社会学用語辞典 響堂雪乃 編 飯山一郎 監修 四六変型判 定価(本体1350円+税) 今、最もホットな、ネット言論界のカリスマ2人がコラボした「平成版・悪魔の辞典」。終末日本を暴く736語を収録。 どのページをめくっても、ついつい考えこんでしまい、驚くほど早く時間が過ぎてゆくだろう。「辞典という形式」により極限まで無駄を削ぎ落とした本書の言葉たちは、現代日本を暴く重要キーワードばかりであり、さらには深い思索が込められているのだ。              (飯山一郎) ■Amazonでも購入いただけます■ この商品をAmazonでご購入の場合はこちらから・・Amazonへ

親鸞聖人の正信偈に人生を聞く

親鸞聖人の正信偈に人生を聞く 親鸞聖人の正信偈に人生を聞く 松井憲一 四六判 定価(本体1000円+税) 正信偈とは、「お念仏でなければ救われない身に感動する歌」といわれ、親鸞聖人の主著『教行信証』の中にある漢文の讃歌である。 本書は、その「喜びの歌」を現代人の生活を通して味わうもので、これまで数多く書かれた解説書とは明らかに一線を画した、読みやすく、わかりやすい好著である。 ■Amazonでも購入いただけます■ この商品をAmazonでご購入の場合はこちらから・・Amazonへ

寺坂法主問題資料集

寺坂法主問題資料集 寺坂法主問題資料集 宗教問題取材班 編著 定価 本体3000円+税 「前代未聞の法主の犯罪疑惑」の重要資料 目次 プロローグ 寺はいかにして消えていくか 西山浄土宗の悲劇 第1章 露見(資料1)南部宗務支所一日宗務所の質疑 第2章 苦渋(資料2)畑崎龍定貫主インタビュー 第3章 密談(資料3)税理士を囲んでの会合 第4章 策動(資料4)松尾全弘法主を訪問した寺坂貫主等の会話 第5章 追跡(資料5)特別収録『宗教問題』疑惑追跡の全記事 寺坂法主問題資料集本書は、西山浄土宗の現職法主にかけられている前代未聞の疑惑を取り上げ、その資料を収録したものである。筆者は前段として雑誌『宗教問題』誌上で疑惑追跡記事を六回にわたって連載した。その全文も巻末に収録した。雑誌連載で迫りきれなかったことがらを重要資料を通して描き出し、もって疑惑の全体像を構造的に提示しようとするものである。これ … 詳細を見る