Category Archives: 仏教書

ええかんじ ええにっぽん 七

ええかんじ ええにっぽん 七 ええかんじ ええにっぽん 七 森 専雅 北嶺大行満大阿闍梨 藤波源信師推薦! 次世代に守り伝えたい 日本と日本人の心を 物語を通して説いた必読書 四六判 定価(本体1000円+税) ■Amazonでも購入いただけます■ この商品をAmazonでご購入の場合はこちらから・・Amazonへ

法隆寺を科学する 法隆寺和銅移建論

法隆寺を科学する 法隆寺和銅移建論 法隆寺を科学する 法隆寺和銅移建論 天野正樹 A5判 定価(本体1700円+税) 法隆寺は「再建」ではなく、「移建」だった! かつて、名人と呼ばれた西岡常一棟梁らと共に法隆寺の解体発掘調査を行った著者が、その体験を基に画期的な法隆寺論を展開した本書は、「法隆寺再建論争」を一変させることになるだろう。 ネット言論界のカリスマ 飯山一郎氏絶賛 本書を一読、二読、三読…、読めば読むほどに、日本史最大の謎、「法隆寺の謎」が解け、日本の古代史の「謎」までが解けてきて、目の前が明るくなる!  まさしく本書は、本来の意味での『啓蒙』と『啓発』の書である。 ■Amazonでも購入いただけます■ この商品をAmazonでご購入の場合はこちらから・・Amazonへ

ええかんじ ええにっぽん 六

ええかんじ ええにっぽん 六 ええかんじ ええにっぽん 六 森 専雅 ノーベル文学賞作家・川端康成の菩提寺の前住職の珠玉エッセイ集第6弾。 忘れられた日本人の心を、簡潔にして鋭く、時にユーモラスに説く。現代人に古き良き日本を知らせると共に、向かうべき方向を示す。 序文:山仲善彰(滋賀県野洲市長) 四六判 定価(本体1000円+税) ■Amazonでも購入いただけます■ この商品をAmazonでご購入の場合はこちらから・・Amazonへ

親鸞聖人の正信偈に人生を聞く

親鸞聖人の正信偈に人生を聞く 親鸞聖人の正信偈に人生を聞く 松井憲一 四六判 定価(本体1000円+税) 正信偈とは、「お念仏でなければ救われない身に感動する歌」といわれ、親鸞聖人の主著『教行信証』の中にある漢文の讃歌である。 本書は、その「喜びの歌」を現代人の生活を通して味わうもので、これまで数多く書かれた解説書とは明らかに一線を画した、読みやすく、わかりやすい好著である。 ■Amazonでも購入いただけます■ この商品をAmazonでご購入の場合はこちらから・・Amazonへ

寺坂法主問題資料集

寺坂法主問題資料集 寺坂法主問題資料集 宗教問題取材班 編著 定価 本体3000円+税 「前代未聞の法主の犯罪疑惑」の重要資料 目次 プロローグ 寺はいかにして消えていくか 西山浄土宗の悲劇 第1章 露見(資料1)南部宗務支所一日宗務所の質疑 第2章 苦渋(資料2)畑崎龍定貫主インタビュー 第3章 密談(資料3)税理士を囲んでの会合 第4章 策動(資料4)松尾全弘法主を訪問した寺坂貫主等の会話 第5章 追跡(資料5)特別収録『宗教問題』疑惑追跡の全記事 寺坂法主問題資料集本書は、西山浄土宗の現職法主にかけられている前代未聞の疑惑を取り上げ、その資料を収録したものである。筆者は前段として雑誌『宗教問題』誌上で疑惑追跡記事を六回にわたって連載した。その全文も巻末に収録した。雑誌連載で迫りきれなかったことがらを重要資料を通して描き出し、もって疑惑の全体像を構造的に提示しようとするものである。これ … 詳細を見る

ええかんじ ええにっぽん 五

ええかんじ ええにっぽん 五 ええかんじ ええにっぽん 五 森 専雅 ノーベル文学賞作家・川端康成の菩提寺の前住職の珠玉エッセイ集第5弾。 忘れられた日本人の心を、簡潔にして鋭く、時にユーモラスに説く。現代人に古き良き日本を知らせると共に、向かうべき方向を示す。 序文:佐伯啓思(京都大学名誉教授) 四六判 定価(本体1000円+税) ■Amazonでも購入いただけます■ この商品をAmazonでご購入の場合はこちらから・・Amazonへ

ええかんじ ええにっぽん 四

ええかんじ ええにっぽん 四 ええかんじ ええにっぽん 四 森 専雅 ノーベル文学賞作家・川端康成の菩提寺の前住職の珠玉エッセイ集第4弾。 忘れられた日本人の心を、簡潔にして鋭く、時にユーモラスに説く。現代人に古き良き日本を知らせると共に、向かうべき方向を示す。 序文:渡部裕明(産経新聞大阪本社論説委員) 四六判 定価(本体1000円+税) ■Amazonでも購入いただけます■ この商品をAmazonでご購入の場合はこちらから・・Amazonへ

月影抄 わが心の歳時記

月影抄 わが心の歳時記 中西玄禮 げんれい和尚さんの「生きる勇気が湧いてくる本」第一弾! 重版出来 定価(本体1200円+税) ■Amazonでも購入いただけます■ この商品をAmazonでご購入の場合はこちらから・・Amazonへ

ええかんじ ええにっぽん 三

ええかんじ ええにっぽん 三 ノーベル文学者作家・川端康成家の菩提寺住職である著者は知る人ぞ知る名エッセイスト。 本書は、忘れられた素晴らしい日本の心が満ちあふれた珠玉のエッセイ集。 日本人なら読んでおきたい一冊。 茨木市長・木本保平氏推薦!! 四六判 定価(本体1000円+税) ■Amazonでも購入いただけます■ この商品をAmazonでご購入の場合はこちらから・・Amazonへ

「臨床仏教」入門

「臨床仏教」入門 「生老病死に寄り添う仏教」の提案 仏教者による様々な社会活動が模索されている中、人生のあらゆる場面で人々の悩みや苦しみに寄り添う活動を展開する僧侶・学者らによる実践に基づいた注目講座をまとめて収録した。 新しい仏教者の動きに、いま、注目のまなざしが注がれ始めていることを実感させる「動き出した仏教者たち」の熱い声が感動を呼ぶ。         臨床仏教の10講座を収録 臨床仏教の検証 さまよう若者 共に生きる社会をめざして ターミナルケア 仏教と災害支援 ネットワーキング型支援の可能性 「無縁社会」から「有縁社会」へ なぜ犯罪は起こるのか 「破壊カルト」に走る人びと 現代社会と臨床仏教 全青協活動と臨床仏教 執筆者 大河内大博 楠山泰道 齋藤昭俊 島薗 進 神  仁 千石真理 辻 雅榮 袴田俊英 深井三洋子 藤尾聡允 蓑輪顕量 吉水岳 … 詳細を見る